運動を続けるコツは?大切なのは小さな一歩を認めること

運動を続けるコツは?大切なのは小さな一歩を認めること

運動というのは続く人の方が珍しいとされています。ですから運動を始めて三日坊主になってしまうのも、珍しいことではないんですよね。

 

しかし、体力作りとして運動を始めたのであれば、しっかりと体力をつけたい物です。

 

では、どのような工夫を行えば運動を続けられるのかというと、以下の3つが重要となります。

 

運動を続けるコツ
  1. 大目標を立てる
  2. 小さな目標を立てる
  3. 小さなステップを積み重ねる

 

運動を続けるコツ

 

大目標を立てる

 

大目標と言うのは、いうなら最終目標の事です。

 

そして大目標を立てると言うのは、体力がついたら何をしたいのかを決めることです。ワクワクと気分が良くなる目標であることが大切です。

 

旅行に行くでもいいですし、マラソン大会に行くとかでもいいです。とにかくワクワクする目標を選びましょう。

 

できることなら、大目標に関する画像を用意して、見ながら実現した様子を思い描くようにするとモチベーションを得やすいですよ。

 

小さな目標を立てる

 

小さな目標と言うのは、大目標に辿り着くまでに達成できる目標です。例えばマラソン大会で完走をするというのが大目標の場合は、目指すマラソン大会よりも短い距離の大会を完走するのが目標となります。

 

このように、大目標に辿り着くまでの過程にある目標を決めましょう。

 

ちなみに、運動開始初期の段階であれば、運動の習慣を身に付けることがこの小さな目標となりますよ。

 

運動に習慣をつけることが大切

 

人間には恒常性と呼ばれる、変化を嫌う性質があります。体力作りに当てはめれば、体力がつくのを避けたがる性質や
運動の習慣がつくつのを避けたがる習慣と言えます。

 

この恒常性というのは、変化が大きいほど恒常性の影響が強く出るという特徴があります。

 

ですから、運動の初期は軽い運動を選んで、恒常性の影響を弱くする必要があります。この工夫をベビーステップと言うのですが、これを毎日続けましょう。

 

オススメの運動

 

体力作りでオススメなのが、室内で行える5分ぐらいの運動を1ヶ月ほど続けることです。

 

初期の段階であれば運動は続けやすい物であれば何だっていいです。しかし、あえて候補を上げるのならスクワットでしょうかね。

 

運動のような生命維持に関連する習慣というのは、習慣化には結構な月日が必要となります。ですが、運動に対する考え方は1ヶ月も続ければ変わってきます。

 

少なくとも1ヶ月間運動を続ければ、運動をすることへの抵抗感は大きく減るハズですよ。

 

運動量の増やし方

 

運動開始初期の頃は、5分程度の運動を毎日繰り返す程度が続けやすいと思います。そして1ヶ月が過ぎたら、少し運動量を増やしてみましょう。

 

基本として1ヶ月毎に運動量を増やしていけば、途中で挫折する可能性は低いハズです。

 

小さなステップを積み重ねる

 

運動が続かない理由というのは、先に述べた恒常性が働くという物が大きいとされています。ですから、この恒常性を避ける意味でも、小さなステップ(ベビーステップ)を積み上げていくことが大切です。

 

ですがベビーステップを続けていても、ある日運動が無駄だとかそんな想いを抱く日が来ると思います。これは恒常性の働きです。無駄だと思わせて、運動を止めさせようとしているんですよね。

 

ですから、運動を止めたくなっても絶対にやめないで下さい。

 

また長い時間の運動は嫌になる原因になります。ですから、計画した量以上の運動は絶対に行わないようにしましょう。

 

終わりに

 

結果を焦らずに、とにかく計画通りに続けること。そして計画通りに行ったら、小さな事だと思わずにしっかりと認めること。

 

このように、小さな一歩を大切にすることが、運動を続けることには大切な事なのです。

 

より詳細な運動を習慣化させるコツは、トップページに書いてありますのでよろしければ参考になされて下さい。

 

トップページ

 

スポンサードリンク

関連ページ

運動が続かない理由 それは生理的な問題です
運動というのは続けるのが難しいですよね。そして運動を続けられなかった自分に嫌悪感が……。ですが、実は人間が持っている生理的な理由が原因で、運動が続けられないことが多いので、あなたが悪いわけではないのです。
やる気持続のコツより、運動はやる気を必要としない工夫を
体力作りのために運動を始めた。でも続かない……。だからやる気を持続するコツを知りたい!と、お思いの方に伝えたいのは、やる気の持続は凄く大変であるという事実。発想を転換して、やるきを必要としない工夫を考えた方が運動を続けられるかもしれませんよ。
飽きない運動ってあるの?
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?