疲れを取る方法!休日の過ごし方を間違っていませんか?

疲れを取る方法!休日の過ごし方を間違っていませんか?

疲れを取るのであれば、休日を有効に使うのがよいのは言うまでもありません。

 

疲れを取る方法というのは色々とあります。ですが、1日の過ごし方に問題があれば、疲れを取る方法は効果を発揮できずに残念な結果になってしまいます。

 

今回の記事では、疲れを取る方法を実践する場合、休日をどのように過ごせば良いのかをお伝えします。

 

疲れ

 

疲れの取れる休日の過ごし方

 

休日に疲れを取るのであれば、朝から夜まで規則正しい生活を送るのが基本となります。

 

とりあえず、以下の点に気をつけましょう。

 

疲れの取れる休日の過ごし方
  1. 朝日を浴びる

     理想は徐々に明るくなる太陽の光を浴びること
      →交感神経が徐々に活性化する自然な目覚め
     なるべく目覚まし時計は使わない
      →交感神経が刺激され興奮状態になり疲れる

  2. 水分を早めに摂る

     寝ている間に無くなった水分を補給

  3. 朝食はしっかりと摂る

     神経の働きが安定する

  4. 軽い運動をする

     ヨガやストレッチなどゆっくりした動作の運動が良い

  5. 入浴する

     夜はぬるめのお湯につかる
     副交感神経が活発になる
     血流が増えるため
      →食事の栄養が効率的に吸収できる
      →血圧が低くなりリラックスできる
     湯船につかるか半身浴が良い
      半身浴なら
       ぬるめのお湯で10分間半身浴
        具体的な温度は38〜40℃

  6. お酒は少量にする

     お酒の飲み過ぎは細胞が損傷する原因
     アルコールは覚醒作用がある
      →寝る直前には飲まない
     1日の限度
      日本酒なら1合
      ビールなら1本
      ワインならグラス2杯まで

  7. 横向きで寝る

     疲れた時に仰向けだと舌が軌道を圧迫する
      →脳への酸素供給を邪魔して疲労の原因になる

 

終わりに

 

今回は、疲れを取るのに大切な休日の過ごし方についてお伝えしました。

 

疲れを取る方法を実践するのなら、規則正しい生活を送るというのは土台となります。

 

この部分が残念な状態だと、疲れがなかなかとれませんので注意をしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

疲れが取れない時の食べ物!お肉を選ぶのならコレが最高
疲れが取れないときはお肉を!と、いうのは少し待って下さい。お肉によっては、胃に負担をかけて逆に疲れてしまう事があります。ですから、疲れた時に食べるお肉は適切な物を選ぶ必要があります。今回は疲れた時に食べたいお肉を3つお伝えします。ぜひお役立て下さい。
疲れを取る方法 ソレは脳の疲れかも?
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?
疲れをとる食事!この食材がアナタを疲れから助ける
疲れをとる食材があります。これらの食材を知っておくだけで、コンビニで使われた食べ物を変えますし、料理上手な方であれば下ごしらえをして、いつでも手軽に食べられるようにしておくことも可能です、今回は、そんな疲れをとる食事についてお伝えします。