疲れを取る方法 ソレは脳の疲れかも?

疲れを取る方法 ソレは脳の疲れかも?

疲れというと、首から下が原因だと真っ先に思いますよね。

 

ですが脳が原因で疲れが出ていることも多くあります。

 

この事を考えると、脳を休ませるような対策もまた、疲れを取る方法として生活に取り入れた方が良い事になります。

 

ではどのような点に注意をすれば、脳の疲れを減らすことが出来るのでしょうか?

 

日常の中で疲れを取る方法

 

脳の疲労が原因で、疲れを感じていると分かったら──いえ、分かりませんよね。脳が原因かどうかなんて。

 

ですから、体をしっかり休めても疲れが取れない場合には、脳の疲れを疑ってみましょう。

 

では、具体的には何をすればいいのかというと──。

 

脳の疲れを取る方法
  • 朝起きたら一杯の水を飲む
     ○できればお風呂の前後や寝る前にも水分摂取する
     ○体の水分が不足しているため
  • 飽きたら小休止
     ○1つの作業を続けると脳の一部が酷使される

      →活性酸素が発生
     ○脳が酸化ストレスにさらされる
     ○飽きたというのは、休憩の合図
     ○1時間に5分のペースで休憩

  • 休憩時間中は外に出る
     ○湿度や温度に変化のない時間は脳が疲れる
     ○木漏れ日や風のある環境に行く
  • カフェインなどは口にしない
     ○栄養ドリンクやエナジードリンクは禁止

      →一時的な効果しかない
     ○利尿作用があるので水分不足になる
      →血液循環が滞って疲れやすくなる

 

とりあえず、これらの事を試してみましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

疲れが取れない時の食べ物!お肉を選ぶのならコレが最高
疲れが取れないときはお肉を!と、いうのは少し待って下さい。お肉によっては、胃に負担をかけて逆に疲れてしまう事があります。ですから、疲れた時に食べるお肉は適切な物を選ぶ必要があります。今回は疲れた時に食べたいお肉を3つお伝えします。ぜひお役立て下さい。
疲れを取る方法!休日の過ごし方を間違っていませんか?
疲れが溜まっているのであれば、体力を増やす個と共に疲れを取ることも大切になりますよね。今回は、疲れを取る土台とも言える休日の過ごし方についてお伝えします。この部分が残念だと、疲れは中々とれませんから注意をしましょうね。
疲れをとる食事!この食材がアナタを疲れから助ける
疲れをとる食材があります。これらの食材を知っておくだけで、コンビニで使われた食べ物を変えますし、料理上手な方であれば下ごしらえをして、いつでも手軽に食べられるようにしておくことも可能です、今回は、そんな疲れをとる食事についてお伝えします。