一ヶ月で体力をつける方法 マラソン大会に出ろと言われたら

一ヶ月で体力をつける方法 マラソン大会に出ろと言われたら

一ヶ月で体力をつける方法を探すのであれば、何が目的で体力をつける必要があるのかを明確にする必要があります。

 

例えば、新入社員となりマラソン大会に出ろ!と命令をされるなどの場合は、体力をつけることよりも大切ですが、走ることに慣れる事もまた重要となります。

 

ですから一ヶ月という短い期間で、”体力作り”と”走り慣れる”の両方を目指して運動を行う必要が出てきますよ。

 

今回は、新入社員が会社の伝統によって、一ヶ月後にマラソン大会を完走しなければならない場合を想定して、体力作りの方法をお伝えします。

 

もちろんフルマラソンの完走は難しいので、1kmとかそんな感じのマラソン大会ですよ。

 

一ヶ月で体力をつける方法

 

一ヶ月間の基本となる運動

 

新入社員であれば、仕事を終えてから運動になる方がほとんどだと思います。最低でも1日30分はウォーキングやジョギングを行いましょう。

 

ウォーキングやジョギングのどちらを行うかは、これまで運動を行ってきたかどうかで判断する必要があります。運動経験がないのであれば、無理をせずウォーキングを選びましょう。

 

ちなみにジョギングを行うのであれば、歩いているよりも少し早い程度で十分ですよ。この方が続けやすいし、運動効果も高いからです。

 

毎日30分走ることを3週間続けると

 

毎日30分走ることを3週間続けると、体に変化が訪れます。3週間運動を続けると、走るのが凄く楽に感じるようになりますよ。

 

怪我に注意

 

慣れない運動を行うのであれば、怪我には注意しましょうね。

 

まずはジョギングシューズは初心者用の物を準備する。そして膝などに痛みを感じたら早めに病院で診察を受ける。

 

このように怪我に注意をしないと、マラソン大会に出ることが出来ない事態になりかねません。

 

関節は傷めやすい

 

走る行為というのは、思っている以上に足に負担をかけます。

 

この事を考えると最初の1週間はウォーキングで様子を見る。その後、軽いジョギングに切り替えていくという感じで運動は進めましょう。

 

運動の休みについて

 

週に1〜2日なら休んでも大きな問題にはなりません。ですが3日以上休むとトレーニング効果が薄れるので注意をしましょう。

 

しかし、1ヶ月で体力をつけるのであれば、休む時間は最小限に抑えた方が良いでしょう。

 

月曜日から土曜日まで軽く走ってみて、日曜に疲れが溜まっている場合は休むくらいの気持ちで運動をするのが良いのではないでしょうか?

 

終わりに

 

会社からマラソン大会に出ろだとか命令された場合は、とりあえず完走することが目標となります。

 

ですから、走り慣れることで怪我をしづらくする。完走できる体力をつける。この2つが運動の目的となることでしょう。

 

上位に入賞する必要はないと思いますので、怪我に気をつけながら体力をつけていきましょうね。

スポンサードリンク

関連ページ

運動嫌い!でも体力作りを成功させたい!!
運動は面倒ですよね。ですから嫌いという方も多いようです。ですが運動をしなければ体力の増進は難しいので、体力作りを考えるようになった場合、なんらかの工夫が必要となります。今回は運動嫌いの体力作りについてお伝えします。
体力がない人の運動は何がオススメ?習慣化しやすいコレ から!
自分は体力がない!このようにお考えの方で、これから体力をつけたいという場合は、習慣化しやすい運動から始めるようにして下さい。そのためには、ハードな運動を避けて、室内で手軽に行える運動を選んだ方が良いでしょう。
体力がない人の運動は何がオススメ?理想は楽しめる体力作り
自分は体力がない!このようにお考えの方で、これから体力をつけたいという場合は、習慣化しやすい運動から始めるようにして下さい。そのためには、ハードな運動を避けて、室内で手軽に行える運動を選んだ方が良いでしょう。
効率よく体力をつける方法 この面倒くささに耐えられますか?
体力をつけようと考えた場合、効率的に体力をつけたい!と、考えるものです。しかし、効率的に体力をつけるためには、色々な知識も必要となりますし面倒くさくて運動そのものを行わなくなる可能性があります。ですから、運動が習慣化出来ていない時点では、効率化は避けた方が良いでしょう。
簡単に体力をつける方法は?手軽さがコツです!
簡単に体力をつける方法を探すのであれば、この”簡単”という言葉が、何を指しているのかを考える必要があります。その答えが分かる方は、”手軽”であることの重要さを叫ぶと思います。今回は手軽な体力UP方法をお伝えします。