簡単に体力をつける方法は?手軽さがコツです!

簡単に体力をつける方法は?手軽さがコツです!

簡単に体力をつける方法をお探しの場合は、手軽な運動を探すと良いでしょう。あとは質の高い睡眠をとる、バランスの良い食生活をおくるなども考えた方が良いのでしょう。

 

ですが、多くの事をやろうとしても三日坊主になるだけです。まずは手軽な運動を行うことから始めて、運動の習慣をつけると良いでしょう。

 

一ヶ月で体力をつける方法

 

簡単に体力をつける方法 の”簡単”について

 

簡単に体力をつける方法をお探しであれば、1度で良いのでここでいう簡単という言葉について考えた方が、目的の情報を得られると思います。

 

あなたは”簡単に体力をつける方法 ”と、いう言葉から何をイメージしますか?

 

”簡単”に行える運動でしょうか?”簡単”に準備なしで行える運動でしょうか?”簡単”に手軽な時間で行える運動でしょうか?

 

色々な”簡単”の解釈があると思います。ですが、それらの解釈の根本には、精神的なストレスがないということがあるハズです。

 

ですから、簡単に体力をつける方法をお探しの場合は、精神的なストレスが少ない運動を選択なさるのが良いと思います。

 

手軽な運動について

 

簡単に体力をつけたいのであれば、精神的なストレスの掛らない方法で体力をつけることを目指しましょう。乱暴な言い方になりますが、一定の体力であれば運動を続けさえすれば勝手に付いてくるものです。

 

逆に言えば一定以上の体力は、食事内容に気を付けたり運動方法に気を使ったりしなければ、つけるのが難しいということでもありますが──。

 

とりあえずは、運動を習慣化することから入りましょう。

 

習慣化しやすい運動は?

 

習慣化しやすい運動というのは、長い時間をかけずに行える運動です。また、ハードすぎない運動であることも大切になります。もちろんこれらに共通するのは、精神的ストレスが小さくて済むという特徴です。

 

運動を行うのであれば、この精神的ストレスが小さい物を選ぶようにすると、三日坊主になりにくいですよ。

 

運動の続け方

 

行う運動は2種類です。それは、毎日同じ時間に行う運動と、日常の中で見つけた運動の機会に行う運動。毎日同じ時間に行う運動は、最初は5分程度で初めて1ヶ月続けたら時間を増やしていきましょう。

 

なお、このとき行う運動は腕立てでもストレッチでもなんでも良いと思います。

 

運動選びのヒントを言うのであれば、腕を鍛えたいのか、お腹を引っ込め体のか考えて、目指す体型にあった運動を選んだ方が続けやすいでしょう。

 

または、コチラの記事でご紹介した運動を行うのも良いかもしれません。

 

基礎体力をつける運動は?社会人の体力はこうやって作れ!

 

日常の中で見つけられる運動の機会を活かす

 

毎日5分運動を行うのを続けるだけでも、運動不足だった場合は3週間も経てば多少は体力がついてくると思います。ですが、日常の隙間時間を活用して簡単な運動を行えば、3週間後にはより高い体力を得られる事でしょう。

 

隙間時間で行える運動には、以下のような物があります。

 

隙間時間で行える運動
  • 電車内では立っている
  • エスカレーターは使わない
  • エレベーターは使わない
  • 立ったまま靴下を履く
  • 皿洗いの時はかかとを上下させる

 

など、運動の機会は色々な場所で発見できます。また、床の雑巾がけなどは全身の筋肉を使いますし、ストレッチ効果があったりもしますよ。

 

ただし、この隙間時間に行える運動というのは、行うのを忘れやすい運動です。ですから、先に述べた毎日行う運動を行わない場合は、まったく運動をしない日というのが出来てしまう可能性があるので注意しましょう。

 

あと↓こんな運動も行いやすいですよ。

 

簡単に体力を付けるのならスクワット

 

運動をする機会の無い方が体力を付けるのであれば、スクワットがおすすめです。

 

下半身には全身の70%程の筋肉があるので、これらを鍛える事で体力を着けようというわけです。

 

スクワットの良いところ

 

スクワットの良い所は、隙間時間に行えること。

 

一日の間にできたチョットした時間に挑戦できます。

 

とりあえず10回から始めると良いでしょう。

 

そして慣れてきたら、10回を3セット行う事がオススメです。

 

スクワットは動作をしっかりと

 

スクワットは、動作をゆっくりとすることが大切。

 

また呼吸と体の動かし方にも注意をしましょう。

 

このような正確な動作を行わないと、

 

すなわち丁寧に行う事が大切になるのです。

 

体力を着ける食事

 

体力をつけるのなら、食事内容にも気をつけましょう。

 

とはいえ、まずは運動の習慣を付けてからです。

 

やはり筋肉を付けるのが体力づくりの基本であり、食事だけでは体力アップの効率が悪いからです。

 

ですが運動を行いながら食事にも気を使うようになれば、大きな相乗効果が期待できますよ。

 

体力の付く食事:タンパク質

 

体力をつけるのならタンパク質に注目したい。

 

タンパク質の不足は筋力や体力の低下に繋がる上に、免疫機能まで低下します。

 

ですが摂取しすぎると排出されるので、毎日意識して摂取することを心がける必要があります。

 

体力の付く食事:鉄分

 

鉄分の不足は、体に酸素がいきわたらなくなります。

 

この結果として、持久力低下や疲労感に悩まされることに。

 

ですから海苔、ひじき、小松菜、カツオ、ほうれんそうなどを積極的に食べるようにしましょう。

 

体力の付く食事:ビタミンB1

 

ビタミンB1は、糖質を含む食べ物をエネルギーに変換する際に必要となります。

 

不足すると疲労物質が溜まるため疲れやすく。

 

玄米、米ぬか、豚肉などを食べるようにしましょう。

 

体力の付く食事:ビタミンB2

 

ビタミンB2は、三大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)をエネルギーに変えるときに必要。

 

レバー、納豆、うなぎ、たまご、チーズなどに多く含まれている。

 

スクワット以外の運動

 

スクワット以外にも、行いやすい運動はいくつかあります。

 

ですから、長続きしやすい好みの運動を選ぶのが一番良いでしょう。

 

簡単な運動1:上体起こし(シットアップ)

 

 

上体起こし(シットアップ)
  • 仰向けに寝る
  •  ○手を頭の横に添える
     ○両膝は曲げる

  • 反動を着けずに上体を起こす

     ○背中を丸めながら

  • 完全に起き上がったら

     ○ゆっくりと元の姿勢に戻る

  • 元の状態に戻っても肩を床に付けない

 

上記を10回×3セット行うことを目指しましょう。

 

簡単な運動2:踏み台昇降

 

踏み台昇降の行い方
  1. 踏み台を用意する

     ○台は膝の高さかそれ以下の椅子など

  2. 右足で椅子の上を踏む

     ○しっかりと足を持ち上げる

  3. 左足で椅子の上を踏む

     ○椅子の上に立つ

  4. 右足を床に戻す
  5. 左足を床に戻す
  6. 今度は左足から始める

 

上記の運動を5分〜10分行うことを目指しましょう。

 

この踏み台昇降は、ウォーキングと同様に有酸素運動の効果も期待できますよ。

 

終わりに

 

簡単に体力をつける方法をお探しなら、なるべく難しい事は行わないようにしましょう。特に運動をすることに慣れていない場合は、精神的ストレスが溜まって挫折してしまいます。

 

これは、運動内容にも言える事です。複雑なポーズをとる必要がある運動は、ストレスが溜まるので挫折する原因になります。

 

ですから、運動開始の初期はとにかくシンプルに手軽にを心がけましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

運動嫌い!でも体力作りを成功させたい!!
運動は面倒ですよね。ですから嫌いという方も多いようです。ですが運動をしなければ体力の増進は難しいので、体力作りを考えるようになった場合、なんらかの工夫が必要となります。今回は運動嫌いの体力作りについてお伝えします。
体力がない人の運動は何がオススメ?習慣化しやすいコレ から!
自分は体力がない!このようにお考えの方で、これから体力をつけたいという場合は、習慣化しやすい運動から始めるようにして下さい。そのためには、ハードな運動を避けて、室内で手軽に行える運動を選んだ方が良いでしょう。
体力がない人の運動は何がオススメ?理想は楽しめる体力作り
自分は体力がない!このようにお考えの方で、これから体力をつけたいという場合は、習慣化しやすい運動から始めるようにして下さい。そのためには、ハードな運動を避けて、室内で手軽に行える運動を選んだ方が良いでしょう。
効率よく体力をつける方法 この面倒くささに耐えられますか?
体力をつけようと考えた場合、効率的に体力をつけたい!と、考えるものです。しかし、効率的に体力をつけるためには、色々な知識も必要となりますし面倒くさくて運動そのものを行わなくなる可能性があります。ですから、運動が習慣化出来ていない時点では、効率化は避けた方が良いでしょう。
一ヶ月で体力をつける方法 マラソン大会に出ろと言われたら
入社したら1ヶ月後のマラソン大会に出場白と言われたら……困りますよね。ですが断れないのが悲しいところです。このような場合マラソン大会で完走するのが目的となりますが、どのように運動を行えば良いのでしょうか?