体力がない人の運動は何がオススメ?理想は楽しめる体力作り

体力がない人の運動は何がオススメ?理想は楽しめる体力作り

体力のない人は、どんな運動をすれば良いのでしょうか?

 

体力がない場合は、最初は毎日行える運動を選んでとにかく習慣化する事が大切です。よって室内で行うハードでない運動であれば、毎日行えるのでオススメです。
また、趣味によっては楽しみながら体力をつけられる物も多くありますから、体力のつく趣味を持つのも体力作りには役に立ちます。

 

例えば、園芸。穴を掘ったり植物を植えたり、土いじりというのは結構な運動になります。また、日曜大工なんかも体力作りに繋がりますよね。他にも色々と運動代わりになる趣味はあるので、探してみるのも良いでしょう。

 

運動になる趣味にどんな物があるのかを探すのであれば、本屋に行って趣味に関する本が置かれた棚を眺めたり、週刊誌を眺めたりすれば色々な情報を得られますよ。

 

趣味を行う事で体力作りをするというのが、続けやすいですしストレス発散にもなりますから、最高の運動方法と言えるかもしれません。

 

また、”体力がない人だ!”と、ご自分を評価されている場合は、日常の中に運動の機会を見つけるのも手です。

 

体力がない人

 

日常に潜む運動の機会

 

運動の習慣がない場合、体力作りのために運動を始めようと思っても、面倒だと感じて始められなかったり続けられなかったりしますよね。これは、人間というのは変化を避ける生物なので当然の事ですから、決して悪い事ではありません。

 

変化を嫌う人間の性質を避けて運動を習慣化するコツも、いずれはお伝えしますが、まずは日常の中で行える運動の機会をお伝えします。

 

階段を利用する

 

エレベーターやエスカレーターの代わりに、階段を使ってみましょう。会社内だけでなく駅などでも、エレベーターやエスカレーターを使っていませんか?

 

体力がない場合、朝は階段を使うのを避けた方が良いでしょう。疲れて会社の業務などに影響が出てしまいますから。ですから帰り際に階段を使うと良いと思いますよ。

 

散歩する時間が取れるようでしたら、そのときに階段を上って見ても良いかもしれません。

 

ちなみに階段を上る行為は、階段の長さにもよりますが軽いジョギングに匹敵するカロリー消費とも言われています。カロリーを消費するのですから、体力づくりの運動としても役に立つと考えられます。

 

電車やバス移動中は立っている

 

電車やバスで移動中は立っているだけでも、それなりの運動になるとされています。

 

1日に3時間立つ習慣をつけるだけで、1年で3.6kgもの脂肪が燃焼できるとか。

 

終わりに

 

体力作りに繋がる趣味こそが、最高の体力作りといえます。趣味が体力作りに繋がるのであれば、長く続けられますからね。

 

また、日常の中には体力作りの運動を行える機会が潜んでいるものです。休日などの体力作りとして、出勤コースを散歩しながら、運動を行う機会がないか探してみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

関連ページ

運動嫌い!でも体力作りを成功させたい!!
運動は面倒ですよね。ですから嫌いという方も多いようです。ですが運動をしなければ体力の増進は難しいので、体力作りを考えるようになった場合、なんらかの工夫が必要となります。今回は運動嫌いの体力作りについてお伝えします。
体力がない人の運動は何がオススメ?習慣化しやすいコレ から!
自分は体力がない!このようにお考えの方で、これから体力をつけたいという場合は、習慣化しやすい運動から始めるようにして下さい。そのためには、ハードな運動を避けて、室内で手軽に行える運動を選んだ方が良いでしょう。
効率よく体力をつける方法 この面倒くささに耐えられますか?
体力をつけようと考えた場合、効率的に体力をつけたい!と、考えるものです。しかし、効率的に体力をつけるためには、色々な知識も必要となりますし面倒くさくて運動そのものを行わなくなる可能性があります。ですから、運動が習慣化出来ていない時点では、効率化は避けた方が良いでしょう。
一ヶ月で体力をつける方法 マラソン大会に出ろと言われたら
入社したら1ヶ月後のマラソン大会に出場白と言われたら……困りますよね。ですが断れないのが悲しいところです。このような場合マラソン大会で完走するのが目的となりますが、どのように運動を行えば良いのでしょうか?
簡単に体力をつける方法は?手軽さがコツです!
簡単に体力をつける方法を探すのであれば、この”簡単”という言葉が、何を指しているのかを考える必要があります。その答えが分かる方は、”手軽”であることの重要さを叫ぶと思います。今回は手軽な体力UP方法をお伝えします。