効率よく体力をつける方法 筋トレの頻度に注目!

効率よく体力をつける方法 筋トレの頻度に注目!

体力を効率よくつけるのであれば、食事やら栄養やら何やらについて多少なりとも勉強する必要が出てきます。

 

これはかなり面倒なので、運動を止めてしまう原因になりかねません。ですから勉強をするのはホドホドにして、運動を習慣化することを優先した方が良いでしょう。

 

もちろん、習慣化するのであれば毎日行う必要があります。

 

ですが、筋肉の発達を考えた場合、筋トレ後には48時間の休憩をとるペースが良いとされております。このため筋肉発達の効率を考えると、毎日行うことは難しいかもしれませんね。

 

でも筋肉の発達ペースを満たしながらも、毎日運動を続ける裏技がありますよ。

 

筋トレ

 

運動を毎日行う裏ワザ

 

筋肉を発達させるためには、筋トレ後に48時間の休息が必要とされています。ですから、筋トレを行うのは週に3回程度ということになりますね。

 

このペースで行えば、運動によって筋肉が減少する効果を帳消しに出来るとも言われています。

 

さて、48時間の休息をとった方が良いとされる筋トレですが、毎日行う裏ワザがあります。その裏技というのは、毎日違う筋肉を鍛えるということ。

 

例を出すと──

 

毎日違う筋肉を鍛えるスケジュール例
  • 月曜日:腕の筋トレ
  • 火曜日:腹筋の筋トレ
  • 水曜日:下半身の筋トレ
  • 木曜日:48時間の休憩が終わったので腕の筋トレ
  • 金曜日:48時間の休憩が終わったので腹筋の筋トレ
  • 土曜日:48時間の休憩が終わったので背中の筋トレ

 

こんな感じで、別々の筋肉を鍛えていけば、効率的に筋トレを行えますよ。

 

終わりに

 

体力作りは毎日行うことで効果が出る。だから、体力作りを始めた最初のうちは習慣化することを最優先に考えましょう。

 

習慣化するためには、とにかく毎日運動を行い続けることが大切。ですから難しい栄養計算などは、毎日行うのが難しいので体力作りで挫折する原因になります。

 

しかし、今回の方法であれば毎日運動を行うことが出来ますから試してみましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

無酸素運動と有酸素運動の効果には違いが!!
無酸素運動や有酸素運動という言葉を聞いた事のある方も多いと思います。この両方の違いを理解して運動メニューを決める事は、体力作りにおいてとても重要な事です。
筋肉が減る筋トレがある!体力作りの落とし穴に気をつけろ
体力作りで運動を始めた場合、筋トレの行い方によっては筋肉が減ることがあるので注意をしましょう。今回の記事では、筋肉が減る筋トレについてお伝えします。
筋トレで筋肉が減るって本当?筋肉を減らさないコツはコレだ
筋トレの行い方によっては、逆に筋肉が減ることがあります。体力を付けよう血したのに筋肉が減るなんて悲しいですよね。今回は筋トレで筋肉を減らさないポイントをお伝えしますので、ぜひ体力作りにお役立て下さい。