体力を取り戻すのに期間はどれだけ必要なの?

体力を取り戻すのに期間はどれだけ必要なの?

体力を戻すのに必要な期間ですが、様々な条件によって変わってきます。このため、どの程度の期間を体力の回復に必要なのかお伝えするのは難しいと言えます。

 

ですが、体力の回復を筋肉という側面で見た場合、人によっては体力が早めに回復する事がある事はお伝えできます。

 

体力を筋肉としてみた場合、体力の減少というのは筋肉が減少した状態である事が多いようです。この筋肉の減少は筋力の低下の後に起こります。

 

期間

 

筋力の低下

 

運動を続けなくなると、真っ先に起こるのが筋力の低下です。これは筋肉が休止状態に入る事で起こります。

 

ですから、筋力の低下というのは一時的な現象。筋力トレーニングの再開と共に、すぐに筋力は回復しますよ。

 

ちなみに筋トレを再開すれば、数日で回復します。

 

筋肉の減少

 

筋力が低下するよりも長い期間、筋力トレーニングを行わずにいると、筋肉その物が減少し始めます。

 

この筋肉の減少が起こると、再び筋肉をつける必要が出てきます。このため筋肉の減少が起こるほど筋トレをしなかった場合は、体力を戻すのに長い時間が掛る事になります。

 

体力を戻すとお考えの場合は、筋肉が減少している場合が多いので、ある程度の期間は運動を続ける必要があります。

 

では、どの程度の期間、運動を続ければいいのかというと、これまで運動を行ってきた期間によって違ってきます。

 

筋肉の復活にかかる期間は?

 

筋肉が減少した状態から、元の状態になるまでの期間には個人差があります。

 

長い間、筋肉トレーニングを行ってきた人ほど、筋肉が減少しにくい傾向にあります。また、筋肉の減少後も、トレーニングの期間が長い人ほど回復が早いとされています。

 

筋肉量の低下について

 

ここでは、運動を行わない場合にはどの程度体力が落ちるのか、少し具体的なお話をさせて頂きます。

 

このような短期間で筋肉量というのは落ちてしまいます。ですから、長く運動を行わなかった場合というのは、1から運動をし直すつもりになった方が良いかもしれませんね。

 

筋トレ歴が長い人の場合
  • 病気やけがで体を全く動かさない

     2〜3週間で筋肉が落ちる

  • ジョギングのような軽い運動のみにした

     3〜5週間で筋肉が落ちる

  • 持久走者

     遅筋が2〜3週間で落ちる

  • パワー系アスリート

     速筋が2?3週間で落ちる

 

2週間経つ頃には、筋肉量が落ちるのは確か見たいですね。

 

筋トレ歴が短い人の場合
  • 15週間のベンチプレス後に3週間休んだ場合

     筋肉量が減らなかった

  • 4ヶ月の運動メニューをこなし半年間休ませた

     筋肉量は50%のみの減少だった

 

筋トレ初心者の場合は、筋肉量の減りがかなり緩やかなのが分かります。

 

心肺機能について

 

心肺機能は、筋肉よりも早く落ちる傾向にあります。

 

心肺機能の低下
  • 有酸素運動を長く行ってきた人が4週間何もしない場合

     20%低下する

  • 持久走者が12日間トレーニングを行わない場合

     体力は7%落ちる
     持久力に関わる血中酸素は50%低下する

 

有酸素運動歴が短い人の場合の研究もあります。

 

2ヶ月間だけ有酸素運動を続けてもらい、その後の4週間は何もしない。この結果、心肺機能は完全に戻ってしまいました。

 

体力を戻すのに必要な期間?

 

体力を戻すというのは、減少した筋肉を取り戻す期間と同義である場合がほとんどです。

 

筋肉を取り戻すのに必要な期間は、過去のトレーニングを行ってきた時間によって個人差が生じます。ですから、体力を戻すのに必要な時間が、どれだけ必要なのかは専門家に計算してもらうのが一番確実です。

 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1742679306051407"
data-ad-slot="7126570773">

 

体力回復のために

 

なんらかの理由で体力が落ちたのであれば、まずは運動の習慣を身につける事から始めましょう。運動は続けなければ体力がつきません。ですが、続けるのが難しいのが運動というものです。

 

ですから、これから運動を行うのであれば、まずは運動を習慣化するのを最優先に考えた方が良いのです。

 

運動を習慣化するのに必要な日数

 

よく習慣化には21日が必要だといわれますよね。

 

ですが運動の場合は、この考えが当てはまりません。運動の場合は3ヶ月間は習慣化に必要となります。

 

この3ヶ月間を、どのように過ごすかが体力を取り戻せるかどうかの重要なポイントとなりますから注意をして過ごしましょう。

 

3ヶ月間の過ごし方

 

体力を取り戻すのであれば、まずは3ヶ月間を使って運動の習慣を身につけることが必要となります。

 

この3ヶ月間ですが、習慣を身につけるのに効率的な過ごし方という物があります。

 

それは──

 

運動を習慣化するための3ヶ月間の過ごし方例
  • 1ヶ月目

     僅かな時間で良いので運動を毎日行う

  • 2ヶ月目

     本来の運動量を毎日行う
     時間がなかったときの代案を考えておく
      →どんな運動を短時間で行うのか決めておく

  • 3ヶ月目

     運動に変化を与える。

 

大雑把ですが、このような感じで生活をすると習慣化をしやすくなります。

 

運動を開始する前に考えたいこと

 

体力を取り戻すには、運動を行う事が必要となります。

 

ですが疲れ果てて運動を行う気力すらない──このような場合は、体力を付ける前に疲れを取り除くことを目指した方がよいかもしれません。

 

例えば、睡眠や食事の見直しを行うのはどうでしょうか?

 

睡眠や食事を見直すには少し勉強をしなければならないという欠点があります。ですが、知識さえあれば体力の悩みがあっても実践できるという強みがありますよね。
手初めに見直したいのは、、睡眠であれば眠る時間をしっかりと確保することでしょう。一方で食事であれば、食べる物の内容でしょうね。

 

食事について少し具体的な例を上げるのであれば、最近であれば、鶏肉に含まれる成分が疲れによいと評判になっています。

 

イミダペプチドという成分なのですが、渡り鳥が海を渡る体力を持っている理由となる栄養成分だとか。

 

ですから、体力が心配な場合は鶏肉を積極的に食べるとよいでしょう。

 

そんなイミダペプチドですが、ドリンクも販売されています。

 

お試しセットが安く販売されているので、それを試してからの見続けるか考えてもいいかもしれませんね。
 ↓ ↓ ↓
イミダペプチド商品購入

 

運動を続けられないのなら

 

体力を取り戻すために運動を始めた。

 

でも続かない──。

 

このように運動を習慣化するのは少し大変ですから、多くの方が途中で挫折をしてしまいます。

 

仮に運動を続けられずに挫折をしったとしても、自分を責めないようにしましょう。ストレスと運動とが頭の中で結び付いてしまい、運動に対して苦手意識が生じかねないからです。

 

そして、運動に挫折をしたのなら早めに復帰をするようにしましょう。挫折してから時間を空けるほど、運動を行うのが面倒になってくるからです。

 

運動の習慣化に挫折をしたら早めに復帰をする。このことを心がけましょう。

 

もう一つの案

 

運動を習慣化できない。この場合は、体力を取り戻すのが難しいと感じますよね。

 

ですが、日常の中で運動の機会というのは多くあります。階段を使う事を心がけたり、歩く機会を設けたりするように心がければですが。

 

もしも運動が続かないというのであれば、こういった日常の中で行える運動を取り入れるのも、良いかもしれませんよ。

 

そういった運動が物足りなくなってきたら、履くだけで運動効果の上がるスニーカーなんかを利用するというのも手だと思います。この類の道具として、スニーカー以外にもシャツがあります。

 

しかし、こういった道具を使うのは運動を短時間でも良いので、行う習慣を身に付けてからの方が良いと思います。

 

こういった道具を着けて生活するのも、結局は習慣にしなければなりませんからね。

 

運動をするのと同様に、使うのを習慣化しようと考えて使い始めなければ、装着するのが面倒になると思います。

 

ですから、道具は頼るものではなく使う物として接するようにしましょうね。

 

疲れをとるのも選択肢の一つ

 

疲れの原因にもよりますが、サプリメントや健康食品で体の状態を整えるというのも手だと思います。

 

体力をつけるのって時間がかかりますからね。

 

疲れて帰ったらそのままベッドでぐっすり──この状態になっては運動をする時間などとれません。

 

ですから、あまりにも体力不足が深刻な場合は、まずは疲れをとることから考えた方がよいでしょう。

 

この場合は、体力に悩みがあっても行える事から始めましょう。

 

先に述べたように、睡眠や食事を見直すあたりが妥当だと思います。

 

終わりに

 

体力を取り戻すというのは、少し大変なことです。

 

運動は続けなければ効果は出ませんからね。まずは、運動を行う習慣を身に付けることから入らなければなりません。

 

ですが疲れ果ててしまい、家に帰ったら運動をする気力すらない──。このような場合は、運動を行う以前に疲れを少しでも多く癒す工夫を生活に取り入れる必要がありますよね。疲れ果てた体では、運動を行う事など出来ませんから。

 

この点を考えると体力を取り戻すためには、まず最初に、運動を行う体力が残っているかどうかを判断する必要があると言えるのではないでしょうか?

 

そして──

  • 体力がある場合は、運動の習慣を身に付けることを考える。
  • 帰宅後に体力が残っていないようなら、疲れをとる工夫を考えたりする。

 

体力を取り戻すのなら、このどちらに当てはまるのかしっかりと考えましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

落ちた体力を戻す方法は?挫折の原因を潰すのが大切!
落ちた体力を取り戻すためには、どのような事を行えばいいのでしょうか?実は、何を行えばいいのか以前に上手に挫折の原因を取り除いておかないと、体力を戻すことが、恐ろしく難しい目標と化してしまいます。ですから挫折の原因を取り除いたうえで運動を行っていきましょう。
体力がなくなっ た!ガクッと来た年齢は?
長く生きていると、体力が無くなった現実から目を背けられなくなる瞬間に出くわす事があります。一気に老けたようでショックを受けますよ。この体力が無くなったと感じる瞬間ですが、何歳くらいの時に感じる事が多いのでしょうか?
体力を取り戻すのは大変か?
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?