落ちた体力を戻す方法は?挫折の原因を潰すのが大切!

落ちた体力を戻す方法は?挫折の原因を潰すのが大切!

落ちた体力を戻す方法というのは、いくつも存在しますよね。

 

ですが共通点があります。それは、最初は怪我をしにくい運動から始めて、体力が戻ってきたら運動内容のハードルを上げるという点です。

 

当たり前と言えば当たり前の事なのですよね。

 

ですが、軽い運動を行う段階で焦ってしまう方が多いのですよね。そして、早めにキツイ運動を行うなどして怪我をしたり、続けるのが嫌になったりしてしまいます。

 

落ちた体力を戻すのであれば、長期的な計画を立てることが大切という事です。

 

落ちた体力を戻す方法

 

体力が落ちた原因で運動方法は決めよう!

 

体力が落ちた原因が、運動不足による物なのか、怪我や病気による物なのかにより、運動内容は変える必要があります。

 

特に怪我や病気が原因の場合は、再発の可能性があるので、慎重に体力を戻す運動方法を決める必要があります。

 

ですが、怪我や病気が原因であれば、病院に相談できるのでプロの意見を取り入れることが難しくはありません。ですから、この権利を行使しましょう。

 

運動不足が原因の場合

 

一方で運動不足が原因で体力が落ちた場合は、周囲にどんな運動を行えばいいのか、相談できる人がいない場合がほとんどです。

 

ですから、ネットで運動方法を調べたり本を購入して運動を開始しようという方が多いと思います。

 

しかし、大半の方は挫折してしまいます。なぜなら、情報を整理しきれず、どの情報が自分に必要なのかを判断できないからです。

 

ある程度、筋肉がついてきてから知ればいい情報を重要視してしまったり、逆に体力のない現状で必要な情報を軽く見てしまったり、どの情報を重視すればいいのか判断が出来ません。

 

これは当然の事です。

 

情報を判断するためには、体系的な知識を持っている必要があります。ですが、そんな知識を持っているようなら、自分で運動のメニューを考えられますからね。

 

では、運動不足の場合はどうすればいいのか?

 

では、運動不足の場合はジムに行って専門家に相談するしかないのか!と、疑問に思うかもしれません。

 

しかし、ジムに行っても運動を続けられる方は少数派です。大概は行くのが面倒になって、月会費を支払うだけとなります。

 

じゃあ、どうすればいいの?と、なりますよね。

 

実は、答えは簡単です。

 

運動の習慣をつけやすい運動を始めればいいのです。

 

習慣化しやすい運動の条件

 

習慣化しやすい運動というのは、面倒くさくない運動です。

 

よくジョギングやウォーキングが良いと言われますが、あれは雨が降るとレインコートを着る必要がある点が面倒くさいですし、運動内容もハードになりますよね。

 

またジムに通う場合は、ジムに行くまでの移動が面倒くさいんですよね。

 

それに、これらの運動は毎日行うわけではありません。週に2〜3回程度行う程度が一般的です。それでも運動効果は出るのですが。

 

しかし、習慣化しなければ運動のような面倒なのは続けられません。ですから運動を惰性で行えるようになる為に、毎日行うようにした方が良いのです。

 

習慣化して惰性で行えるようになると、運動を毎日でも行えるようになりますよ。

 

習慣化しやすい運動は?

 

習慣化しやすいのは室内で行う運動です。それも複雑な動きやポーズが必要なく、道具を使うにしても準備に1分と掛らないという条件付きの。

 

複雑、時間が掛るというのは、面倒くさいという思いを生じさせる原因になります。ですから避けるようにしましょう。

 

例えば、腕立て伏せや腹筋を行うのは準備に手間が掛りませんから、面倒くさいという気持ちは最小限ですむことでしょう。

 

もし行うのであれば、最初の1ヶ月は習慣化を目的にしたいので、どちらか1つだけを行うようにしましょう。複数の事をやろうとすると、時間が掛り面倒くさくなり挫折する原因になります。

 

腕立て伏せであれば、 プッシュアップバーとかいう道具があるのでそれを使ってもいいかもしれません。1000円チョットで買えますし。

 

また、ラジオ体操を行うのもいいかもしれません。外ではなく家の中で、手足が物に当たらないように行うことも難しくないでしょうから。

 

ただ、ラジオで流れる時間に起きられない事もあります。そんな時のために、予めラジオ体操を録音しておくなどした方が良いでしょうね。

 

運動をする前にバナナを食べましょう

 

エネルギーがないと、脂肪や筋肉を分解してエネルギーに変える働きが人の体にはあります。

 

ですが運動前にバナナを食べる事で、エネルギーを得られるため筋肉が分解される危険性を大幅に減らします。また、コルチゾールという筋肉を分解するホルモンの分泌も抑制してくれますよ。

 

その他、色々な効果がありますが、要はバナナを運動前に食べましょうと覚えておいて頂ければ大丈夫です。

 

終わりに

 

体力を戻すための運動は、まずは面倒くさくない物を習慣化させる事から始めましょう。

 

およそ一ヶ月続ければ、運動をする事への抵抗感が大幅に減るハズです。そうなったら、運動を少しハードな物にしたり、運動時間を少し長くすればいいのです。

 

運動を続ける事で確実に体力は戻りますから、焦らずにジックリと運動を行っていきましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

体力を取り戻すのに期間はどれだけ必要なの?
体力というのは、運動を行わなければドンドン減少していく物です。忙しくて運動が出来ない場合であったり、入院などで運動が出来ない場合であったり、運動を行えない理由は色々とありますが。さて、落ちてしまった体力はどれだけの期間で取り戻せるのでしょうか?
体力がなくなっ た!ガクッと来た年齢は?
長く生きていると、体力が無くなった現実から目を背けられなくなる瞬間に出くわす事があります。一気に老けたようでショックを受けますよ。この体力が無くなったと感じる瞬間ですが、何歳くらいの時に感じる事が多いのでしょうか?
体力を取り戻すのは大変か?
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?