体力を取り戻す

体力を取り戻すのは大変か?

体力は、運動を行わないと減っていきます。

 

ですから入院をするなどして、運動量が減るとどんどん減っていってしまうという事です。

 

宇宙飛行士のような体を鍛えている方でも、無重力で体に負荷が極端に少ない状況から地球に返った場合、自分では歩けない程まで筋肉や体力が失われるほどです。

 

このような極端に体力を失う事は滅多にありませんが、それでも運動量が少ないとかなり体力が低下してしまいます。

 

また、ある一定ラインまで体力が低下すると、体力を戻すのがすごく大変になります。

 

体力を取り戻すのは大変か

 

一定ラインまで体力が減ると

 

体力が減ると疲れやすくなります。ですから、運動を行っても必要な量をこなす前に疲れ果ててしまうことが十分に起こりえますよね。

 

このような状況になると、体力を回復させられるだけの運動量をこなすのが難しいので、体力を戻すのはすごく大変になります。

 

入院と化した場合は、この状態になることも多いので注意が必要です。

 

一定ラインまで体力が落ちたら

 

入院などにより極端に体力が落ちた場合、疲れやすくなるため運動が長続きしません。このため、体力の回復が大幅に遅れてしまいます。

 

ですから体力が極端に落ちた場合は、長期的な体力回復のための計画を立てて気長に実践していく必要があります。

 

例えば、入院によって体力が低下したのであれば、入院期間の1.5倍〜2倍で体力が回復する場合が多と言われていますよ。

 

ですから入院が原因の体力低下であれば、入院期間の1.5倍〜2倍を目安に運動などのスケジュールを組むと良いでしょう。

 

通常の体力低下なら

 

運動をする機会が減ったという場合は、入院したときよりもは体力回復の負担は少なくて済みます。

 

入院した時はほとんど動けませんからね。例え運動不足になりがちな仕事であっても、多少はマシな状況というわけです。

 

ですが、体力は低下していますからね。長時間の運動を行う事はできません。ですから、やはり長期的な視点で運動を行う必要があります。

 

どんな運動が良いのか?

 

体力が低下している状態であるのなら、激しい運動は行わない方が良いですよ。

 

すぐ疲れるというだけでなく、運動不足になる状態だと体も硬くなっていますから。激しい運動を行う事は怪我の原因になりかねません。

 

まずは、自分の体力がどの程度か確認してみましょう。

 

最初は軽い散歩程度から始めて、徐々に運動内容をハードな物に変えていきます。

 

なんでしたら、ラジオ体操から始めてもいいですよ。

 

体力が低下した状態というのは、軽くで良いので体を動かすことが大切になるという点は心に留めておきましょう。

 

運動をするために

 

運動を行うのであれば、運動をするための服に着替えることを習慣にしましょう。

 

たとえ5分しか運動を行わなかったとしても、しっかりと着替えるようにします。運動のために着替えることを習慣化すると、脳が運動服に着替えるたびに運動仕様に切り替わるようになりますよ。

 

ですから、運動服への着替えを習慣化することも案外重要なのです。

スポンサードリンク

関連ページ

体力を取り戻すのに期間はどれだけ必要なの?
体力というのは、運動を行わなければドンドン減少していく物です。忙しくて運動が出来ない場合であったり、入院などで運動が出来ない場合であったり、運動を行えない理由は色々とありますが。さて、落ちてしまった体力はどれだけの期間で取り戻せるのでしょうか?
落ちた体力を戻す方法は?挫折の原因を潰すのが大切!
落ちた体力を取り戻すためには、どのような事を行えばいいのでしょうか?実は、何を行えばいいのか以前に上手に挫折の原因を取り除いておかないと、体力を戻すことが、恐ろしく難しい目標と化してしまいます。ですから挫折の原因を取り除いたうえで運動を行っていきましょう。
体力がなくなっ た!ガクッと来た年齢は?
長く生きていると、体力が無くなった現実から目を背けられなくなる瞬間に出くわす事があります。一気に老けたようでショックを受けますよ。この体力が無くなったと感じる瞬間ですが、何歳くらいの時に感じる事が多いのでしょうか?