持久力をつける方法!食事で口にしたいのはコレ

持久力をつける方法!食事で口にしたいのはコレ

「体力が落ちたな〜」と感じたら、運動をするのも手ですが食生活の見直しも有効ですよね。

 

特に夏場は、体力不足になると一気に体調が悪くなるので、体力の不足を感じたら早めの対処が必要となります。

 

では、何を食べら場いいのでしょうか?

 

今回はおすすめの食べ物や摂取方法についてお伝えします。

 

持久力をつける方法

 

持久力をつける方法は食事中の炭水化物が重要

 

持久力を付けたいのなら炭水化物を食べましょう。

 

人間の活動に必要なエネルギーの50%〜70%は炭水化物によってまかなわれているので、炭水化物はとても重要なエネルギー源と言えます。

 

炭水化物を摂取するには何を食べればいいの?

 

炭水化物を摂取するのなら、お米がオススメです。腹もちが良くて持続的にエネルギーを得られます。

 

とくに朝ごはんのときにお米を食べると、効果的ですよ。

 

消化されなかった炭水化物はグリコーゲンになる

 

すぐに消化されなかった炭水化物は、グリコーゲンという物質になります。

 

このグリコーゲンはエネルギー不足になったときに備えて、体内に貯蔵されることになりますよ。

 

持久力をつける方法は食事中のタンパク質の摂取も大切

 

持久力をつける食事方法として炭水化物以外に、タンパク質の摂取も重要となります。

 

これは持久力をアップさせるには運動を行う必要があるからです。

 

タンパク質は筋肉を作るために役立ちますので、運動を行ってでも体力を付けたい場合は積極的に摂取しましょう。

 

タンパク質を摂取するには何を食べればいいの?

 

タンパク質を摂取するのであれば、肉、たまご、大豆などを摂取しましょう。

 

ですが肉はカロリーが高い物が多いので、鶏のささみなどカロリーに気をつけて食べた方が良いかもしれません。

 

持久力をつける方法は食事中の鉄分の摂取も大切

 

もしも貧血気味で体力の不足を感じているのなら、貧血対策を行うことが体力アップにつながる事もあります。

 

貧血になると身体に十分な栄養が行きわたりにくくなるため、血液中のヘモグロビンを増やすことが体力アップにつながるのです。

 

この貧血の解消には、やはり鉄分の摂取が一番です。

 

鉄分を摂取するには何を食べればいいの?

 

鉄分の摂取には、レバー、ひじき、小松菜などがオススメです。

 

レバーはクセがあって苦手な方も多いのですが、それは調理方法に問題がある場合も多くあります。

 

ですからレバーが苦手!と最初から食べる候補から取り除くのではなく、ネットなどで正式な調理方法を確認してから食べるか食べないかを決めた方が良いですよ。

 

持久力をつける方法は食事中のビタミンの摂取も大切

 

持久力をつけるには、ビタミンB群やCも摂取するようにしましょう。

 

ビタミンB群は豚肉などに含まれていますので、先に書いたタンパク質摂取も一緒に行うために豚肉を食べると良いかもしれません。

 

あとビタミンCに関しては柑橘類に多く含まれていますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

朝ごはんの効果は、運動を食事の前後どちらにするかで変わる
朝、運動をする方も多いですよね。ですが食事の後と前のどちらに運動をするかで、運動の効果が変わってくる事をご存じない方も多いようです。今回は、朝ごはんを摂るのは、運動の後と前のどちらが良いのかをリサーチしました。
朝食を食べ られない時はどうすればいいの?
朝食を食べる気に慣れない場合、どのような原因があるのでしょうか?体力作りを行うのであれば、エネルギー補給のためにも朝食はしっかりと摂りたいものですが……。
朝食に適し た食べ物は?バナナ最高……それだけじゃない!
朝食に適した食べ物には、どのような物があるのでしょうか?やはり朝食は1日の活動に必要なエネルギーを補給する大切な食事なので、しっかりとした栄養のある物を食べたいところですよね。
眠くならない食べ物は?難しい事を考えず、とりあえずコレ!
お昼に食べても眠くならない食べ物というのは、チョット気になりますよね。細かい話をすれば色々とありますが、難しい話というのはそれだけで疲れます。ましてや脳が疲れている昼食時に考えても眠くなるだけです。ですから、とりあえず、この2点に気を杖kて食べ物を選んで下さい。
疲れを取る飲み物をコンビニで発見!この5つを見逃すな!!
疲れを取る飲み物と聞いて真っ先に栄養ドリンクを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?ですがコンビニを歩くだけでも、栄養ドリンク以外の疲れを取るとされる飲み物をいくつか発見できますよ。
体の疲れを取る飲み物|オススメの6つで疲れが吹き飛ぶ?
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?