休日に眠いのはなぜ?

休日に眠いのはなぜ?

休日に眠い……。このような状態だと、体力作りのための運動なんて出来ませんよね。

 

体力作りをするのであれば、休日というのはライフスタイルを調整する貴重な日となります。休日になって眠いという状態が続くようでしたら、体力作りのかたわ睡眠の習慣を見直してみるのも良いかもしれません。

 

なぜ

 

休日に眠いと感じる原因は?

 

休日に眠いと感じる場合、体力低下がまっさきに頭をよぎると思います。

 

もちろん、体力が昔よりも低下している事が原因であったり、病気による体力低下などの場合もあるでしょう。しかし多く場合は、生活習慣の問題である事が多いようです。

 

ストレスのため過ぎ

 

休日に眠いと感じる原因の一つに、日頃からストレスを貯めすぎているという場合が挙げられます。

 

ストレスを感じると心身ともに緊張状態となります。そして休日に気が緩んで、一気に疲れを感じてしまうという事が多くありますよ。

 

日頃の睡眠不足が一気に

 

日頃から睡眠不足が続いた場合、睡眠負債という物が溜まっていきます。

 

この睡眠負債を取り戻すために、休日に一気に眠気が押し寄せてくるということも多くありますよ。

 

体調不良かも

 

眠いというだけなら問題は無いのですが、眠りすぎてしまう場合は注意が必要です。糖尿病やうつ病などの病気が隠れている可能性があるからです。

 

脳にブドウ糖が供給されにくい病気などで、眠り過ぎという症状が起こります。また、過眠症という病もあり、名前の通り長時間の睡眠をしてしまう病です。

 

とくに10時間以上も眠ってしまう事が頻繁であったり、眠すぎて起きていられない事がある場合は、病院での診察を受けた方が良いでしょう。

 

年齢が原因かも

 

よく、もう歳だから……。と、いう言葉を聞きますよね。40台を過ぎると体内時計の乱れが起こり、睡眠に必要なホルモンが減少する傾向になります。

 

この結果、睡眠の質が低下します。そして夜になっても眠りにくくなり、昼や休日の眠気として現れます。

 

もちろん年齢の影響は、個人差がありますがね。

 

カフェインの過剰摂取

 

コーヒーやお茶を飲み過ぎて、気付かないうちにカフェインの過剰摂取に陥ってしまう方も多くいらっしゃいます。

 

カフェインを過剰摂取すると、循環器系の酷使につながり疲労感を高めてしまいます。また、利尿作用もあるため夜トイレに行く事が増えて、睡眠のリズムが狂う結果にもなってしまいますよ。

 

自律神経の乱れ

 

自律神経場乱れると、睡眠の質が低下するというのは有名ですよね。熟睡できない日が増えると、休日になると睡眠負債を取り戻そうと変なスイッチが入ります。

 

もし、休日に眠いと感じるのが、季節の変わり目や気温の変化が激しい日が続いた時期の場合は、自律神経が乱れているかもしれませんね。

 

月経周期の影響

 

女性であれば、休日の眠いは月経周期が影響している可能性があります。

 

月経周期の影響によって、自律神経のバランスが崩れる事があります。この結果、眠りの質が落ちてしまい、その負債が休日に来るというわけです。

 

食生活の乱れ

 

食生活の乱れは、体力の低下だけでなく睡眠の質にも影響を与えます。

 

例えば睡眠の直前の食事。消化を終えない状態で睡眠に入るので、睡眠中も消化器官が休めません。このため消化器官の活動による疲れが翌日にも残ります。

 

食事は、睡眠に入る3時間前に済ませるのがベストだと言われていますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

仕事中の眠気を覚ます方法は?手軽にできるのはコレ!
仕事中の眠気、辛いですいね。この眠気をなんとか改善したいところですが、仕事中なのですから手軽に行える方法でなければ使えません。今回は、仕事中に使えるかもしれない、手軽な眠気改善方法をリサーチしてみました。