仕事中の眠気を覚ます方法は?手軽にできるのはコレ!

仕事中の眠気を覚ます方法は?手軽にできるのはコレ!

仕事中に眠気を感じるというのが原因で、体力作りを始める方も多いですよね。

 

ですが体力作りを開始しても、すぐに体力を得られるわけではありません。ですから今回は、仕事中に眠気を感じたとき、どのように対処をすればいいのかをリサーチしてみました。

 

覚ます方法

 

仕事中の眠気への対処法

 

仕事中でも行える眠気の対処方法というのは、色々と考えられます。

 

もっともベストなのは、その場で手軽に行える物でしょう。その次は、少しの移動だけで行えるものではないのでしょうか?

 

体温を下げる

 

トイレに行って顔を洗って体温を冷やすと、眠気というのは治まる事があります。これは眠気の多くが体温の上昇が原因となっているからです。ですから顔を洗うよりもは効果が薄いのですが、手を洗うだけでも効果はありますよ。

 

また、首を冷やすのも良い手です。ですが冷やし過ぎると頭痛に繋がるので、首には氷を使わない程度に抑えておきましょう。

 

体を動かす

 

ストレッチを行うだけでなく、手足の指をグーパーと動かしてみるだけでも、眠気に変化があるものです。

 

体に刺激を与える

 

目薬をさしたり、耳たぶを引っ張ったりすると、眠気が治まります。

 

仮眠をとる

 

少し難しいかもしれませんが、仮眠をとるというのは特に有効な手段です。仮眠をとる事で集中力もアップできると言われています。

 

この仮眠ですが、15分以上取ると脳や体が本格的に眠りに入ってしまうので、集中力などが低下してしまいます。また夜の睡眠にも悪影響が出ますから注意をしましょう。

 

外の風に当たる

 

外の風に当たれば、脳に新鮮な酸素をあたえられます。

 

気分転換をする

 

椅子の高さを変える、机の上に置いた物を変えるなど気分転換をして、新しい刺激を脳に与えれば眠気が治まります。

 

また、会話をするというのも有効な気分転換ですよ。

 

息を止めてみる

 

呼吸は生命維持と直結しています。

 

このため、息を止めたり特別な呼吸方法を実践したりすると、脳はヤバイッ!と感じて眠気が覚めます。

 

終わりに

 

仕事中の眠気は辛いですよね。

 

また、仕事中に眠気が出るのは集中していない証拠だ!なんていう方もいらっしゃいますが、その考えが見当外れの場合がほとんどです。

 

実際の所は仕事云々ではなく、それまで残業続きで疲れが出ていたり、ストレスで夜に寝付けなかったりと、仕事以外が原因である事が多いようです。

 

仕事中に眠いと感じたら、体力作りを始めても良いでしょう。

 

ですが、生活習慣を見直したり、仕事の習慣を見直したり、その辺りを中心に改善する事から始めても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連ページ

休日に眠いのはなぜ?
休日になると強い眠気を感じる。長く寝過ぎてしまう。このような悩みをお持ちの場合、なんらかの原因が存在しています。体力作りをお考えの場合は、休日を有効活用する意味でも、その原因をチェックしておきましょう。