体力がつく スポーツは?社会人ならコレどう??

体力がつくスポーツは?社会人ならコレどう??

力がつく スポーツをお探しなら、とにかく趣味として楽しく続けられるような物を選びましょう。

 

体力がたくさん付くスポーツというのは、ハードな物ばかりです。このため、体力のない状態で挑戦しても最後まで行えません。また、体力をつける運動というのは一朝一夕で効果が出る事はありません。

 

ですから、長期的な視点で物事を見て、体力作りはおこなっていく必要があります。

 

体力がつくスポーツ

 

体力がつくスポーツ

 

体力作りのために何かスポーツを始めるのであれば、スポーツは自分の体力を試す場だと捉えましょう。

 

そして、スポーツで良い成績を残すために日頃から体力作りを行うという形をとれば、目標ができますから体力作りの運動が続きやすくなります。

 

この事を前提に、社会人にオススメのスポーツをお伝えします。

 

社会人にオススメのスポーツ
  • マラソン

     マラソン大会は色々な場所で開かれています

  • テニス

     ややハードなトレーニング

  • スキーやスノーボード

     冬限定だから他の季節には別のスポーツを

  • ゴルフ

     年齢に関係なく行えるスポーツ

  • ボウリング

     手軽に行えるスポーツ

  • サイクリング

     自転車さえあれば

  • 水泳

     膝なんかの負担が少ない

 

社会人にオススメのスポーツは、このような感じで色々とあります。

 

なんでしたら、市や地域でスポーツイベントなんかが行われているので、それらを見てもいいかもしれませんね。

 

サイクリングがわりとオススメかも

 

サイクリングというのは、膝とかに負担が掛りにくい特徴があります。ですが体力上昇効果というのが、少し低めという欠点があります。

 

ですが、折りたたみ自転車を持って、週末に電車で少し遠くの街に行く→自転車でその街をサイクリング→ときどき風景写真をとる。

 

こんな風に、趣味にしやすい特徴がありますよ。

 

社会人になってから始められるスポーツ

 

体力作りというのは、社会人になってから初心者として運動に挑戦するという方も多いですよね。

 

このため「この歳になって……」と、初心者の状態から運動を始めるのを戸惑う方も多いようです。

 

ですが、社会人になってから初心者の段階から始める方が多いスポーツも存在します。

 

ここでは、そういった社会人初心者歓迎のスポーツをお伝えします。

 

初心者歓迎のスポーツ:通勤ラン

 

通勤ランというのは、仕事に行くまでの時間を使ってランニングを楽しむことです。

 

この通勤ランですが、近隣にロッカーやシャワーといったランスペースが設置されている場所で行う方が多いですよ。

 

汗臭いと色々と問題がありますからね。通勤ランを行うのであれば、ランスペースをネットなどで探して確保するのが前提になるかもしれません。

 

まぁ、会社にシャワールームがあるのなら使わせてもらってもいいのですがね。

 

通勤ランには、2パターンがある

 

通勤ランには、いくつかのパターンがあります。

 

  • 朝の出社時に通勤ランを行う。
  • 帰宅時に通勤ランを行う

 

この3パターンが基本となります。

 

通勤ランは、汗臭くなる事を考えると帰りに行うのがおすすめかもしれません。

 

ウェアやシューズを出社時には鞄に入れる→帰宅時には、必要な物をデイパックに入れて着替えてランニング。

 

こういった方法もありますからね。

 

もちろん自宅〜会社までの距離が長いのなら、途中で電車やバスに乗るのもOKですよ。

 

それとランニングでなくとも、ウォーキングを行っても十分です。

 

初心者歓迎のスポーツ:水泳

 

水泳はメジャーなスポーツですよね。

 

全身運動であるため、筋力アップも持久力アップも期待が出来ます。

 

また膝に負担が掛らないため、足を怪我した経験のある方でも水中でランニングやウォーキングをすることが可能です。

 

最近ではメタボ対策のために、水泳を始めるという社会人の方も多いようです。

 

ただ、自宅や会社の近くにプールが無ければ、実践するのが難しいという欠点があります。

 

初心者歓迎のスポーツ:テニス

 

テニスも社会人になってから始める人が多いスポーツです。

 

全国各地にテニススクールがあるので、テニスを始めるのならそこに行ってレッスンを受けることから始めると良いでしょう。

 

また、サークルの中にも初心者の社会人を受け入れてくれるところが多くありますよ。

 

短距離ダッシュを繰り返す事になるため、運動内容はけっこうハードなので、怪我には注意をしましょう。

 

初心者歓迎のスポーツ:卓球

 

卓球を行える場所というのは、多く存在しています。

 

卓球バー、レジャー施設などをネットで探すと色々と発見できると思います。

 

相手を探す必要がありますが──ね。

 

卓球の球というのは190kmなので、かなり動きまわらなければなりませんから、そうとうな運動量になります。

 

初心者歓迎のスポーツ:トランポリン

 

トランポリンには、遊び道具というイメージがあります。

 

ですが5分間跳んだだけで1kmを走ったのと同じ運動量があると言われる、けっこうハードな運動です。

 

トランポリンは数千円から売られているので、自宅に置くスペースのある方は良い運動だと言えるのではないでしょうか?

 

体力をつけるという目的であれば、特に行いやすいかもしれませんね。

 

初心者歓迎のスポーツ:ボクササイズ

 

ボクシングは格闘技です。ですがボクササイズは、ボクシングの動きをエクササイズに転用させたものです。

 

最近では人気も高まっており、初心者に丁寧に教えてくれるトレーナーがいたり、清潔な好意質があったり、シャワーが完備されていたりするなど、けっこう市民権を得ております。

 

体験プログラムを実施しているジムも多いですから、少し調べてみてもいいかもしれませんよ。

 

初心者歓迎のスポーツ:ボルダリング

 

フリークライミングの一つにボルダリングと呼ばれる運動があります。

 

全国に250ほど屋内専用施設があり、施設を探すとあんがい身近にあったりもします。

 

ボルダリングというのは、室内の壁に設置された岩を使って昇っていく運動です。

 

高度な技術なんかは必要ないので、気軽に行えますよ。

 

初心者歓迎のスポーツ:空手

 

空手は、最近になって中高年の入門者が増えています。

 

護身術を身に付けられるという利点以外に、礼儀も学べます。ですが最近は健康のために始める方が多いようです。

 

空手は呼吸と動作を組み合わせて、体に過度の負荷をかけないように動きます。

 

姿勢が重要な格闘技であるため、続けることで姿勢が改善されて周りに好印象を与えられるようになりますよ。

 

初心者歓迎のスポーツ:フットサル

 

フットサルは、チームで行うスポーツです。

 

サッカーと似ているのですが、1チーム5人で20分ハーフで行う。コートの広さも40m×20mと少し狭い。こういったサッカーとの違いがあります。

 

最近は女性やサッカー未経験者でも楽しめるという事で、徐々に競技人口が増えているようですよ。

 

初心者歓迎のスポーツ:ゴルフ

 

ゴルフは、社会人のスポーツとして昔からありますよね。

 

このゴルフですが、少し特別なスポーツだとされています。

 

年齢を重ねても、技術さえあればいつまども行えるスポーツだからです。ここでいう技術というのは、身体の動かし方の事ですよ。

 

これからゴルフを始めるという方は、コースに出る前にゴルフ場に行きましょう。クラブなどは練習場で借りられますし、レッスンも受けられます。

スポンサードリンク

関連ページ

ゴルフの体力作りをするのなら、この運動から始めよう!
ゴルフを始めると、自分の体力のなさを実感させられるものです。このとき体力作りを考えた場合、どんな運動がゴルフの体力作りには向いているのでしょうか?その答えは、基礎体力を上げられる運動です。
フットサルの体力UPトレーニングはローパワートレーニングで!
フットサルは激しい動きが必要なスポーツです。それも長時間動き続ける必要がありますよね。そこで重要となるのが、疲れにくくて早く疲労が抜ける体。そんな肉体を作れる運動として、最近ではローパワートレーニングという物が注目されえいます。
縄跳びで体力がつく!このコツを知れば効果UP
縄跳びというのは、手軽な運動ですよね。ですがボクサーがトレーニングに加えるなど、実はかなり優秀な運動。そんな縄跳びで体力作りを行うのであれば、チョットしたコツを取り入れる事で、体力UP効果が更に上昇します。
サイクリングで体力作り 自転車の運動はこうやれ!
サイクリングを行う事で、体力をつける!そう考えたとき真っ先に考えるのは、通勤への使用。これだけでも、お腹がへっ込みます。今回は、そんなサイクリングの運動効果の高い行い方をお伝えしております。
サイクリングで体力向上 自転車のメリットは何?
サイクリングは、素早く景色が変わるのを楽しみながら行えるスポーツです。このサイクリングを行う事には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
水中ウォーキングの効果が高い歩き方は?
水中ウォーキングは、ダイエットだけでなく体力作りを行う場合にも優良な運動です。歩き方と歩く時間に気をつける事で、さらに高い効果を発揮してくれますよ。今回は水中ウォーキングの歩き方についてリサーチをしました。
水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良い理由
水泳で体力をつけるというのは、なんとなくカッコイイですよね。しかし、運動に慣れていない方は、水泳で体力作りをするのは避けた方が良いかもしれません。今回は、そんな水泳での体力作りに関して否定的な見解をお伝えします。
マラソンの為の体力作り!運動不足から始めるのなら?
マラソン大会の完走は、体力作りを考える私たちにとって一つのゴールと言えます。もし、運動不足の段階からマラソン大会完走を目指すのなら、どのように体力作りを行っていけばよいのでしょうか?
マラソンの体力作り 運動不足なら4段階の運動を!
マラソンを行うために体力作りをする。この場合、いきなりマラソンを開始してはいけません。もっと、ソフトな運動から始めて徐々に運動の強度を上げていきましょう。では、具体的にはどのように運動を行っていけばいいのかと言うと……
体力をつけるランニング方法 0から始める体力作り
体力をつける為にランニングを行うのであれば、3ヶ月をかけて徐々に体をランニングに慣らしていきましょう。今回の記事では、具体的にはどのように運動を進めていけばいいのかの具体例をお伝えします。
ウォーキングで体力はつく のか?
体力作りのためにウォーキングを始める方も多いようです。このウォーキングですが、体力がつくのかと疑問に思う方も……。答えをいうのなら、体力はつきます。正しい方法で運動をすればという条件付きではありますが。
スクワットで体力作り 0からの体力作りにオススメな理由は?
スクワットというのは、運動不足の方や体力似不安のある方にお勧めしたい運動です。その理由は効果が高い上に続けやすい運動だからです。今回は、そんなスクワットの正しい行い方についてリサーチをしてみました。
体幹トレーニングは効果が出るまで何カ月かかるの?
体幹トレーニングという運動方法を聞いた事のある方も多いと思います。この運動は怪我をしにくくなったり、疲れにくくなったりと様々な有益な効果があります。
体力作りを縄跳びで!コツは長く跳ぶこと
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?