サイクリングで体力作り 自転車の運動はこうやれ!

サイクリングで体力作り 自転車の運動はこうやれ!

サイクリングは、遠い場所まで風景の移り変わりを楽しみながらいけますよね。ですから飽きませんので、体力作りに貢献してくれます。

 

と、言ってもサイクリングで遠くにいけるのは、週に1〜2度程度でしょう。あとは会社に行くのに自転車を使う程度だと思います。この事を考えると、体力作りを行うのならサイクリングとは別に、室内で手軽に行える運動を用意した方がよいでしょう。

 

しかし、サイクリングは楽しい運動ですので、日頃の運動+サイクリングという形で行えば、楽しみながらの体力作りが可能なハズです。

 

サイクリング

 

サイクリングは体力作りになるの?

 

最近では運動不足を気にして、出勤に自転車を使っているという方もいらっしゃいますよね。そのような方からは、お腹がへこんだなど嬉しい話を聞きます。

 

サイクリングの動きを取り入れた運動器具にエアロバイクがあります。スポーツジムに置かれるほどなので、相応の効果があるのは分かりますよね。

 

では、サイクリングを行うとどの程度の運動を行えるのかというと、全身の7割の筋肉を使うとされています。

 

この事を考えると、全身の筋肉にかなりの運動をさせることが可能だと言えます。

 

サイクリングをするのなら何時間乗ればいいの?

 

サイクリングを行うのであれば、20分は最低でも乗りましょう。

 

最初の頃は、坂なんかで太ももがキツく感じたりします。ですが徐々に自転車に体を慣らしていく事で、スイスイとサイクリングを行えるようになれます。

 

最初は10分間ほど乗るようにし、その後は体が慣れるたびに10分ずつ自転車に乗る時間を増やしていきましょう。

 

最終的には、1時間程度なら問題なくサイクリングを行えるようになります。

 

より運動効果を高めるには!

 

ある程度サイクリングに慣れてきたら、自転車のギアを軽くしましょう。走るのに必要な回転数が増える事で、運動量が飛躍的にアップしますよ。

 

続き

 

次はサイクリングのメリットと、サイクリングを行うときに用意しておきたい物に着いてです。コチラへどうぞ。

 

サイクリングで体力向上 自転車のメリットは何?

スポンサードリンク

関連ページ

体力がつくスポーツは?社会人ならコレどう??
体力がつくスポーツというのは、色々とあります。ですが体力が多くつくスポーツというのは、基本的にハードです。このため体力がないうちは、キツく無い運動を選んでジックリと体力を増やしましょう。今回は、社会人にオススメの運動をお伝えします。
ゴルフの体力作りをするのなら、この運動から始めよう!
ゴルフを始めると、自分の体力のなさを実感させられるものです。このとき体力作りを考えた場合、どんな運動がゴルフの体力作りには向いているのでしょうか?その答えは、基礎体力を上げられる運動です。
フットサルの体力UPトレーニングはローパワートレーニングで!
フットサルは激しい動きが必要なスポーツです。それも長時間動き続ける必要がありますよね。そこで重要となるのが、疲れにくくて早く疲労が抜ける体。そんな肉体を作れる運動として、最近ではローパワートレーニングという物が注目されえいます。
縄跳びで体力がつく!このコツを知れば効果UP
縄跳びというのは、手軽な運動ですよね。ですがボクサーがトレーニングに加えるなど、実はかなり優秀な運動。そんな縄跳びで体力作りを行うのであれば、チョットしたコツを取り入れる事で、体力UP効果が更に上昇します。
サイクリングで体力向上 自転車のメリットは何?
サイクリングは、素早く景色が変わるのを楽しみながら行えるスポーツです。このサイクリングを行う事には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
水中ウォーキングの効果が高い歩き方は?
水中ウォーキングは、ダイエットだけでなく体力作りを行う場合にも優良な運動です。歩き方と歩く時間に気をつける事で、さらに高い効果を発揮してくれますよ。今回は水中ウォーキングの歩き方についてリサーチをしました。
水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良い理由
水泳で体力をつけるというのは、なんとなくカッコイイですよね。しかし、運動に慣れていない方は、水泳で体力作りをするのは避けた方が良いかもしれません。今回は、そんな水泳での体力作りに関して否定的な見解をお伝えします。
マラソンの為の体力作り!運動不足から始めるのなら?
マラソン大会の完走は、体力作りを考える私たちにとって一つのゴールと言えます。もし、運動不足の段階からマラソン大会完走を目指すのなら、どのように体力作りを行っていけばよいのでしょうか?
マラソンの体力作り 運動不足なら4段階の運動を!
マラソンを行うために体力作りをする。この場合、いきなりマラソンを開始してはいけません。もっと、ソフトな運動から始めて徐々に運動の強度を上げていきましょう。では、具体的にはどのように運動を行っていけばいいのかと言うと……
体力をつけるランニング方法 0から始める体力作り
体力をつける為にランニングを行うのであれば、3ヶ月をかけて徐々に体をランニングに慣らしていきましょう。今回の記事では、具体的にはどのように運動を進めていけばいいのかの具体例をお伝えします。
ウォーキングで体力はつく のか?
体力作りのためにウォーキングを始める方も多いようです。このウォーキングですが、体力がつくのかと疑問に思う方も……。答えをいうのなら、体力はつきます。正しい方法で運動をすればという条件付きではありますが。
スクワットで体力作り 0からの体力作りにオススメな理由は?
スクワットというのは、運動不足の方や体力似不安のある方にお勧めしたい運動です。その理由は効果が高い上に続けやすい運動だからです。今回は、そんなスクワットの正しい行い方についてリサーチをしてみました。
体幹トレーニングは効果が出るまで何カ月かかるの?
体幹トレーニングという運動方法を聞いた事のある方も多いと思います。この運動は怪我をしにくくなったり、疲れにくくなったりと様々な有益な効果があります。
体力作りを縄跳びで!コツは長く跳ぶこと
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?