水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良い理由

水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良い理由

水泳を行って、体力づくりをしようとお考えの方も多いと思います。水泳は膝などにあまり負担が掛らないので、人を選ばない運動という点が大きいのではないのでしょうか?

 

体力づくりで水泳を行うのであれば、まずはご自分の体力がどの程度か確認しましょう。

 

水泳というのは膝への負担は少ないのですが、運動の中でもかなりキツイ運動の部類に入ります。筋肉を鍛えるほどの水泳を行うのであれば、かなりの基礎体力が必要となります。また、足がつらないように日頃からストレッチも行っていた方がよいでしょう。

 

フィットネス用の水着も必要ですし、水泳の帽子も必要となります。あと水中眼鏡も用意しましょうね。

 

水泳

 

水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良いかも

 

水泳は体力づくりにはもってこい──ですが続けるのが難しい運動でもあります。

 

なぜなら水泳を行う場合泳ぐ場所が必要ですから、プールにいくなどするのが面倒で止めてしまう可能性が大です。

 

更に水泳自体がキツイ運動なので、トレーニング内容に気を付けないと大変さから止めてしまう可能性もあります。

 

ですから水泳を始めるのは、運動の習慣が身についてからでないと続けるのが難しいのではと考えられるのです。

 

それでも水泳には、体力づくりを目指す場合にメリットとなる特徴がいくつかあります。

 

例えば膝などに負担が掛りにくいので、無理をしなければ大きなケガをしにくいなどです。

 

この事を考えると、ある程度の期間運動を続けられたのなら、水泳に挑戦しても良いかもしれませんね。

 

水泳で鍛えられる筋肉

 

水泳を行う事で、様々な筋肉が鍛えられます。と、いうのも水泳というのは全身運動であるためです。

 

全身を鍛えられるというのは、大きなメリットと感じられるかもしれません。ですが、基礎体力が無いとまともに運動ができないほどハードです。

 

人間というのは水中にいるだけで疲労をしますし、さらに体温が水に奪われることで余計に体力を消耗します。

 

水泳の消費カロリー

 

体力作りで気になるのが、消費されるカロリー。カロリーの消費が大きいほど、運動の効果が高いのが一般的ですからね。

 

クロールを1時間行って1000kcal。平泳ぎであれば700kcal。ちなみにランニングを10kmで500kcal程度。

 

圧倒的なカロリー消費量です。

 

しかし、こんなに普通の人は泳げませんから、せいぜい500kcalいけばよい方ではないのでしょうか?

 

本気で筋肉をつけたいのなら

 

とんでもなくハードな運動である水泳。体力作りの初心者には、絶対にお勧めできない運動と言えます。

 

しかし、一定以上の運動経験と人並み以上の基礎体力をお持ちの方であれば、更なる体力を得るために水泳を行うというのはありではないでしょうか?

 

本気で筋肉をつけるのであれば、インターバルトレーニングを行いましょう。最大速度で100mを泳ぎ切りましょう。ゆっくりと泳ぐと筋トレ効果は期待できないので、とにかく早く泳ぐ事が大切です。

 

もちろん、最初は25mから始めて、少しずつ泳ぐ距離を伸ばしていく形にするのが一番良いでしょう。

 

オススメの泳ぎ方

 

一番オススメの泳ぎ方は、誰もが知っているクロールです。とにかく大きく水をかいて泳ぐのが体力作りのコツです。

 

細かい部分は、考えているとそれだけでストレスが溜まって嫌になると思います。ですから最初のうちは、とにかく大きく腕で水をかくことだけを考えましょう。

 

水泳以外で初心者が体力作りをするのなら

 

水泳以外で、運動の初心者が運動をするのならストレッチなんてどうでしょうか?

 

ストレッチは準備体操のようなイメージがあり、それだけだと体力がつくのは想像が出来ないかもしれません。

 

ですが呼吸を意識して行えば、ストレッチは立派な有酸素運動になります。

 

また、体が柔軟になるので血流が良くなり疲れにくくなりますよ。

 

それに運動不足だと経験することの多い、肩こりや腰痛にも良い効果を期待できます。

 

更に血行が良くなってむくみや冷え性への良い影響も──。

 

運動初心者がストレッチをするのなら

 

運動の初心者がストレッチを行う時、軽視しがちなのが呼吸。

 

体の動かし方は気を付けるのですが、呼吸の方は忘れてしまうんですよね。

 

この呼吸もストレッチの効果を得るにはとても重要なので、ときおり呼吸を忘れてはいないか思い返してみて下さい。

 

呼吸も含めて、ストレッチを体力作りに活用する場合には注意したい点があるのでチェックしておきましょう。

 

ストレッチで注意をしたい点
  • 体を伸ばすときには大きく息を吐く
  • 息を吐き切ったら自然な呼吸に移る
  • 伸ばそうとしている筋肉を意識する

 

上記の3点に気をつけましょう。

 

ですが、最初は体全体をリラックスさせて、呼吸を止めずに行うという2点にだけ気を付けてもいいですよ。

 

ジムのプールにもルールがある

 

ジムのプールには、いくつかのルールがあります。

 

ルールを知っておかないとマナー違反になって、周りの人から白い目で見られかねません。

 

ですから基本的なルールは知っておきましょう。

 

ジムのプールで使うもの

 

ジムのプールは、敷居が高い印象があります。

 

ですが持ち物は普通のプールと大差はありません。

 

ジムのプールに持っていく物
  • キャップ
  • ゴーグル
  • アンダーショーツ
  • 水着
  • バスタオル
  • 水分補給をする為の飲み物

 

上記が持っていく物の基本となります。

 

あとは必要に応じて、耳栓、ゴーグルが曇らないための曇り止めスプレー、ミニタオル等を持っていきます。

 

ジムのプールで知っておきたいルール

 

ジムのプールで守りたいルールは、基本的には他の利用者の迷惑にならないためや設備を壊さないためにあります。

 

では、どのようなルールをまもれば良いのでしょうか?

 

ジムのプールで守りたい最低限のルール
  • キャップを被る
     ○ジムではキャップ(水泳帽)の着用が基本です
     ○これは抜け毛でプールを汚さないためです
  • 化粧や整髪料は落とす
     ○プールを汚さないためです
  • 貴金属は外して入る
     ○落として誰かが踏めば怪我をします
  • 香水はつけない
     ○プールは空気がこもりやすいからです
  • コースごとに許可された泳ぎ方が違う
     ○場所によっては歩行用コースなどが決まっている
  • 泳いでいるとき無理に前の人を追い越さない
     ○ぶつかるなどの心配がある
  • 飛び込み禁止
     ○事故の可能性が高い
  • 世間話は出てから
     ○プールの中での長話は禁止

 

プールでの運動が持つ特徴

 

プールでの運動は、水の浮力によって間接への負担が軽減されます。

 

このため膝、足首、腰などを傷める可能性がとても低いことで定評があります。

 

ですから、リハビリに取り入れている方もいらっしゃいます。

 

水泳以外にもあるプールでの運動効果

 

プールでの運動というと、水泳を最初に思い浮かべる方が多いと思います。

 

ですが筋肉に不安がある人は、プールでの水中ウォーキングをするという手があります。

 

地上でウォーキングした場合に比べて、プール内では水の抵抗や水圧で、歩くのも大変ですよね。

 

これらが負荷となって、地上と比べて2倍も水中ウォーキングの方が消費カロリーが高くなります。

 

また膝などへの負担が少ないので、安全度も高い特徴がありますよ。

 

プール内は体温よりも低いから

 

プールというのは体温よりも低い場合が多いですよね。

 

このため体温を保とうと、人間の体は頑張ります。

 

通常よりもエネルギー消費量が高くなったり、心肺機能のアップ、けっこう改善などの効果も期待できます。

スポンサードリンク

関連ページ

体力がつくスポーツは?社会人ならコレどう??
体力がつくスポーツというのは、色々とあります。ですが体力が多くつくスポーツというのは、基本的にハードです。このため体力がないうちは、キツく無い運動を選んでジックリと体力を増やしましょう。今回は、社会人にオススメの運動をお伝えします。
ゴルフの体力作りをするのなら、この運動から始めよう!
ゴルフを始めると、自分の体力のなさを実感させられるものです。このとき体力作りを考えた場合、どんな運動がゴルフの体力作りには向いているのでしょうか?その答えは、基礎体力を上げられる運動です。
フットサルの体力UPトレーニングはローパワートレーニングで!
フットサルは激しい動きが必要なスポーツです。それも長時間動き続ける必要がありますよね。そこで重要となるのが、疲れにくくて早く疲労が抜ける体。そんな肉体を作れる運動として、最近ではローパワートレーニングという物が注目されえいます。
縄跳びで体力がつく!このコツを知れば効果UP
縄跳びというのは、手軽な運動ですよね。ですがボクサーがトレーニングに加えるなど、実はかなり優秀な運動。そんな縄跳びで体力作りを行うのであれば、チョットしたコツを取り入れる事で、体力UP効果が更に上昇します。
サイクリングで体力作り 自転車の運動はこうやれ!
サイクリングを行う事で、体力をつける!そう考えたとき真っ先に考えるのは、通勤への使用。これだけでも、お腹がへっ込みます。今回は、そんなサイクリングの運動効果の高い行い方をお伝えしております。
サイクリングで体力向上 自転車のメリットは何?
サイクリングは、素早く景色が変わるのを楽しみながら行えるスポーツです。このサイクリングを行う事には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
水中ウォーキングの効果が高い歩き方は?
水中ウォーキングは、ダイエットだけでなく体力作りを行う場合にも優良な運動です。歩き方と歩く時間に気をつける事で、さらに高い効果を発揮してくれますよ。今回は水中ウォーキングの歩き方についてリサーチをしました。
マラソンの為の体力作り!運動不足から始めるのなら?
マラソン大会の完走は、体力作りを考える私たちにとって一つのゴールと言えます。もし、運動不足の段階からマラソン大会完走を目指すのなら、どのように体力作りを行っていけばよいのでしょうか?
マラソンの体力作り 運動不足なら4段階の運動を!
マラソンを行うために体力作りをする。この場合、いきなりマラソンを開始してはいけません。もっと、ソフトな運動から始めて徐々に運動の強度を上げていきましょう。では、具体的にはどのように運動を行っていけばいいのかと言うと……
体力をつけるランニング方法 0から始める体力作り
体力をつける為にランニングを行うのであれば、3ヶ月をかけて徐々に体をランニングに慣らしていきましょう。今回の記事では、具体的にはどのように運動を進めていけばいいのかの具体例をお伝えします。
ウォーキングで体力はつく のか?
体力作りのためにウォーキングを始める方も多いようです。このウォーキングですが、体力がつくのかと疑問に思う方も……。答えをいうのなら、体力はつきます。正しい方法で運動をすればという条件付きではありますが。
スクワットで体力作り 0からの体力作りにオススメな理由は?
スクワットというのは、運動不足の方や体力似不安のある方にお勧めしたい運動です。その理由は効果が高い上に続けやすい運動だからです。今回は、そんなスクワットの正しい行い方についてリサーチをしてみました。
体幹トレーニングは効果が出るまで何カ月かかるの?
体幹トレーニングという運動方法を聞いた事のある方も多いと思います。この運動は怪我をしにくくなったり、疲れにくくなったりと様々な有益な効果があります。
体力作りを縄跳びで!コツは長く跳ぶこと
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?