ウォーキングで体力はつく のか?

ウォーキングで体力はつく のか?

ウォーキングで体力はつく のかというと、ウォーキングの為の体力と持久力がつくというのが答えとなります。

 

やはりウォーキングを行ってつくのは、ウォーキングに使う筋肉ですからね。とうぜんウォーキングに必要な体力や持久力はつきます。

 

ですが、ウォーキングをどんなに行ってもマラソンを完走するなどの、別の運動で成果を出すのは難しいので注意をしましょう。やはりマラソンを完走するのであれば、マラソンに関連した筋肉を鍛える必要がありますから。

 

ですが、これから体力作りをしようという場合は、ウォーキングから入った方が良いのは確かです。

 

ウォーキングで体力はつく のか?

 

ウォーキングについて

 

ウォーキングはランニングよりも足腰への負担が少ないという特徴があります。このため運動習慣のない方には、ランニングよりもウォーキングの方がオススメと言えます。

 

またウォーキングは、呼吸筋や心臓を鍛えたり、脳を活性化させる効果もあるとされていますよ。

 

ウォーキングの行い方

 

ウォーキングで体力をつけるには、バテない程度のスピードで早足で歩くことが大切です。軽く息が上がる程度が目安です。

 

慣れてきたら、歩幅を広くすると一層の効果を期待できます。歩幅を広げるとお尻〜太ももまでの筋肉も使われるからです。

 

ウォーキングの注意点

 

ウォーキングにも行い方があります。

 

ウォーキングの注意点
  • 肩甲骨を動かすように腕を大きく振る
  • 早足で歩く
  • 30分以上歩く
  • 慣れてきたら歩幅を大きくする

 

この4点に気をつけて、ウォーキングの体力作りは行いましょう。

 

ウォーキングで体力作り!距離は?

 

ウォーキングで体力作りをするとき、どの程度の距離を歩けば良いのでしょうか?

 

答えは、体力と相談して決めて下さいというのが最も適切ではと思います。

 

長い距離を設定しても、長続きしません。

 

時間が無いかもしれませんし、体力が持たないかもしれません。

 

また、長い距離を設定して途中でリタイアするのを繰り返していると、ウォーキングをすることへの苦手意識に繋がりかねません。

 

ですから、無理なく続けられる距離の設定が大切になります。

 

それでも目安は必要

 

ウォーキングを続けていれば、徐々に体力がついてきます。

 

とりあえず、2〜3kmを歩けるようになるのを目指すと良いでしょう。

 

この距離は、体力作りを始めたばかりの方が、時間さえかければ目指せます。

 

体力づくりでウォーキングをする時間は?

 

体力作りでウォーキングを行うのなら、3ヶ月間は続けましょう。

 

3ヶ月ほどで、ウォーキングなどの運動効果を感じ始めるからです。

 

ですが長い時間続けると、疲れるし時間を摂るのにストレスを感じますし、続けるのが難しいですよね。

 

この事を考えるのなら、最初は15分ほどから始めると良いでしょう。

 

そしてウォーキングが習慣になってきたら、歩く距離を伸ばして20分ほどにする。

 

最終的には30分を目指すのが良いですよ。

 

1時間とかウォーキングをなさる方もいらっしゃいますが、そこまでしなくても日常を過ごすだけの体力は付きますから。

 

趣味の一環としてストレス無しに行える範囲で、ウォーキングをしていく事をオススメします。

 

朝のウォーキングは体力作りよりもダイエット向け

 

ウォーキングを朝行う方もいらっしゃいます。

 

もしもダイエットを行うのなら朝が良いですよ。

 

朝食前は1日の中で糖分が最も少ない時間帯です。

 

ウォーキングは有酸素運動ですから糖分を燃焼します。そして糖分が少なくなると、今度は脂肪を燃焼し始めるのでダイエットに良いのです。

 

ですが、体が目を覚ましていなかったり、エネルギーも枯渇しやすいというデメリットもあります。

 

このため、準備が必要となりますよ。

 

朝のウォーキングの準備

 

朝のウォーキングを行う場合は、まずは太陽光を浴びて交感神経を活性化させ、脳を目覚めさせましょう。

 

脳が寝ぼけた状態だと、怪我の原因になりますからね。

 

また、水とバナナを口にして、軽く糖分を摂ることも大切です。

 

朝は糖分が少ないからダイエットに効果的とはいえ、糖分が全くないとエネルギー不足で倒れかねませんから。

 

有る程度の糖分を摂取しておいた方が良いのです。

 

終わりに

 

ウォーキングは、足腰への負担が少ない運動です。このため運動不足偽身の方は、ランニングよりもウォーキングから、体力作りは始めましょうと言われています。

 

ですが欠点もあります。

 

ウォーキングというのは、外で行うため雨が降ると雨具を着るのが嫌で行いたくないんですよね。このため、運動を習慣化する前にやめてしまうという事があります。

 

ですから、ウォーキングは週に2〜3回。他の日は室内で行える運動を、ウォーキングと同じ時間だけ行う。

 

このように計画を建てた方が良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク

関連ページ

体力がつくスポーツは?社会人ならコレどう??
体力がつくスポーツというのは、色々とあります。ですが体力が多くつくスポーツというのは、基本的にハードです。このため体力がないうちは、キツく無い運動を選んでジックリと体力を増やしましょう。今回は、社会人にオススメの運動をお伝えします。
ゴルフの体力作りをするのなら、この運動から始めよう!
ゴルフを始めると、自分の体力のなさを実感させられるものです。このとき体力作りを考えた場合、どんな運動がゴルフの体力作りには向いているのでしょうか?その答えは、基礎体力を上げられる運動です。
フットサルの体力UPトレーニングはローパワートレーニングで!
フットサルは激しい動きが必要なスポーツです。それも長時間動き続ける必要がありますよね。そこで重要となるのが、疲れにくくて早く疲労が抜ける体。そんな肉体を作れる運動として、最近ではローパワートレーニングという物が注目されえいます。
縄跳びで体力がつく!このコツを知れば効果UP
縄跳びというのは、手軽な運動ですよね。ですがボクサーがトレーニングに加えるなど、実はかなり優秀な運動。そんな縄跳びで体力作りを行うのであれば、チョットしたコツを取り入れる事で、体力UP効果が更に上昇します。
サイクリングで体力作り 自転車の運動はこうやれ!
サイクリングを行う事で、体力をつける!そう考えたとき真っ先に考えるのは、通勤への使用。これだけでも、お腹がへっ込みます。今回は、そんなサイクリングの運動効果の高い行い方をお伝えしております。
サイクリングで体力向上 自転車のメリットは何?
サイクリングは、素早く景色が変わるのを楽しみながら行えるスポーツです。このサイクリングを行う事には、どのようなメリットがあるのでしょうか?
水中ウォーキングの効果が高い歩き方は?
水中ウォーキングは、ダイエットだけでなく体力作りを行う場合にも優良な運動です。歩き方と歩く時間に気をつける事で、さらに高い効果を発揮してくれますよ。今回は水中ウォーキングの歩き方についてリサーチをしました。
水泳で体力づくり 初心者は止めた方が良い理由
水泳で体力をつけるというのは、なんとなくカッコイイですよね。しかし、運動に慣れていない方は、水泳で体力作りをするのは避けた方が良いかもしれません。今回は、そんな水泳での体力作りに関して否定的な見解をお伝えします。
マラソンの為の体力作り!運動不足から始めるのなら?
マラソン大会の完走は、体力作りを考える私たちにとって一つのゴールと言えます。もし、運動不足の段階からマラソン大会完走を目指すのなら、どのように体力作りを行っていけばよいのでしょうか?
マラソンの体力作り 運動不足なら4段階の運動を!
マラソンを行うために体力作りをする。この場合、いきなりマラソンを開始してはいけません。もっと、ソフトな運動から始めて徐々に運動の強度を上げていきましょう。では、具体的にはどのように運動を行っていけばいいのかと言うと……
体力をつけるランニング方法 0から始める体力作り
体力をつける為にランニングを行うのであれば、3ヶ月をかけて徐々に体をランニングに慣らしていきましょう。今回の記事では、具体的にはどのように運動を進めていけばいいのかの具体例をお伝えします。
スクワットで体力作り 0からの体力作りにオススメな理由は?
スクワットというのは、運動不足の方や体力似不安のある方にお勧めしたい運動です。その理由は効果が高い上に続けやすい運動だからです。今回は、そんなスクワットの正しい行い方についてリサーチをしてみました。
体幹トレーニングは効果が出るまで何カ月かかるの?
体幹トレーニングという運動方法を聞いた事のある方も多いと思います。この運動は怪我をしにくくなったり、疲れにくくなったりと様々な有益な効果があります。
体力作りを縄跳びで!コツは長く跳ぶこと
仕事の途中で体が重くなって、帰る頃になるとクタクタ……。こんな悩みをお持ちではありませんか?疲れを感じたら、マッサージや栄養ドリンクという手もありますが、それでは根本的な解決にはなりません。やはり運動を行うのが一番なのですが続けるのが大変。さて、どのようにすれば体力作りは続けられるのでしょうか?